【呪術廻戦】杉田智和は声優として登場してない|今後出演の可能性も

【呪術廻戦】杉田智和は声優として登場してない|今後出演の可能性も呪術廻戦
この記事は約4分で読めます。

 

今回は呪術廻戦で杉田智和さんが声優として登場してない事や、今後は出演するかもしれない可能性についてについて紹介します。出演する可能性がある例についても解説します。

この記事を読むことで、さらに呪術廻戦を楽しむことが出来ます。それでは行ってみましょう!

杉田智和のプロフィール

ここでは声優の杉田智和すぎたともかずさんのプロフィールを紹介します。

愛称杉、トモちゃん
出生地、出身地埼玉県、比企郡嵐山町ひきぐんらんざんまち 出身
生年月日1980年10月11日(2021年 40歳)
血液型B型
身長177cm
職業声優、作家
事務所ミューラス」→「フリー」→「アトミックモンキー」→「株式会社AGRS」(代表取締役)

事務所は「ミューラス」から「フリー」そして「アトミックモンキー」から「株式会社AGRS」の代表取締役になっています。

2020年4月1日に杉田がアトミックモンキーの退所と共に社長就任が発表されました。
設立当初の本店は、杉田智和さんの地元である埼玉県比企郡嵐山町に置かれていました。現在は東京都新宿区に移転しています。

杉田智和さんの代表作

こちらは杉田智和さんの代表作になります。

銀魂坂田銀時
涼宮ハルヒの憂鬱キョン
ジョジョの奇妙な冒険ジョセフ・ジョースター
ONE PIECE(ワンピース)シャーロット・カタクリ
METAL GEAR SOLID PEACE WALKERカズヒラ・ミラー

青年役を好んで出演し、「重量感ある低音ボイス」で女性ファンも多いかと思われます。アドリブやモノマネを披露するサービス精神の持ち主でもあります。その性格もあってか作品でも真面目なキャラやオチャラケたキャラで、魅力あるキャラクターの演じられています。

自身のyoutubeチャンネルでは、キョンのコスプレをし『ハレ晴レユカイ』を踊り話題になり、再生回数はまもなく1000万回数になるほどです。自粛生活の初期で不安な時、少しでも楽しんでもらおうとした事が伺えますね。

 

【呪術廻戦】杉田智和は声優として登場しない|今後は?

 

残念ですが、杉田智和さんは呪術廻戦の声優として今の所、出演されておりません、発表もされておりません。

しかし呪術廻戦は2021年の秋に映画化が決定されています。アニメ1期は終了しましたが、まだ完結はしていないです。この事から杉田智和さんが呪術廻戦の声優に採用される可能性はまだ残ってると言えます。

杉田智和さんが今後呪術廻戦に出演される可能性がある

 

もしかしたら杉田智和さんが今後呪術廻戦に出演する可能性があるかもしれません。

その例は鬼滅の刃での出演になります。

杉田智和さんは鬼滅の刃のアニメ1期の後半で鬼殺隊の柱の一人、悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)を演じました。また劇場版鬼滅の刃無限列車でも出演されてます。

Figuarts mini 鬼滅の刃 悲鳴嶼行冥 約100mm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア

このようにアニメ中盤から後半で登場するキャラクターで、声優として採用される事があるからです。ましてや演技力や年数、知名度もあることから、安心して任せることが出来る方だし、杉田智和さんが出演されるとなれば、さらに注目されるからです。

アニメ業界の声優の決め方は、オーデションと言われています。「役に合った声」「実力」「ギャラ」「スケジュールの都合」など全てをクリアすることが必要になってきます。

過去にワンピースや鬼滅の刃なども途中から登場したキャラを演じたので、ありえますね。

 

数々のジャンプ作品に出演されてる杉田智和さんだから、呪術廻戦でも是非見てみたいものですね。

今回のまとめ

 

・杉田智和さんはサービス精神の持ち主で「株式会社AGRS」の代表取締役。

・現在、呪術廻戦の声優として杉田智和さんは出演していない。

・鬼滅の刃では途中から出演したので、今後アニメ制作されれば可能性もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました